【ホテル日航金沢】2022年宿泊+クリスマスディナーの結果は正直微妙でした…

お得情報
この記事は約6分で読めます。

ホテル日航金沢

今回は、ホテル日航金沢の宿泊+30Fラ・プラージュでクリスマスディナーを頂きました。

金沢市民なら一度は泊まりたいと思ったことのあるホテルであり、非常に人気も高いホテルです。

ホテル日航金沢は、金沢駅前にありつつ金沢市内で一番高い建物で30Fのラ・ソラからは金沢市内の景色を一望できる最高のスポットになっています。
今回の宿泊では、ベースフロアである「スタイリッシュ」フロアに滞在し、夕食は、30Fラ・ソラの中にあるラ・プラージュにて夜景を楽しみながらいただくことができました。


今回の滞在について、結論からいうと正直微妙でした。

県民割×五感にごちそう金沢宿泊キャンペーンにて大幅に割引された料金で、宿泊することができましたが、本来の通常金額相当を払うと考えると正直価格に対してサービス面が非常に残念なものでした。

割引されたといってもホテル日航金沢側には、正規料金が県や市から割引金額分が補助されており、一流のサービスを期待しすぎていたということもありましたが、ホテル日航金沢のディナーについては2度と利用は検討できないほどの酷さでした。詳細については、以下をご覧ください。

県民割×五感にごちそう×クリスマスディナー

今回の宿泊には、ホテル日航金沢で石川県民限定宿泊割引と五感にごちそう金沢宿泊キャンペーンを組み合わせた2万円が割引されたプランを利用しました。

1泊/1名あたり(2名1室の場合)
 ・スタイリッシュフロア ダブルルーム
 ・夕食 1万5千円相当/1人(ラ・プラージュ or 銀杏 or 弁慶 or 桃李)
 ・朝食

通常価格 30,000円
 五感にごちそう -10,000円
 県民割     -10,000円
    →10,000円(1人あたり)

価格は以上のように、通常3万円のプランがなんとたった1万円で宿泊することができてしまいました。

通常時であれば、一般的な夕食が提供されますが宿泊した際はクリスマス期間であったため、夕食はクリスマス特別コースで提供が行われました。

ホテル内

外観

金沢駅前にそびえ立つ金沢市で最大建物なため、金沢駅東口へ出ると大きな存在感を感じます。
チェックインカウンターは、一番高い建物では無く一番右の建物になるので間違わないようにしましょう。

ロビー

宿泊者を迎えるロビーは螺旋階段と池から成り、クリスマス期間であったためクリスマスツリーが飾られていました。

部屋

築年数がだいぶ経過しているため、水回りの老朽具合は否めません。宿泊するフロアによっては水回りも改装されており、綺麗になっているそうですがベースフロアである「スタイリッシュ」フロアにおいては、値段相応といったところですね。

宿泊通常価格3万円のうち半分が夕食代で残りが部屋代+朝食代です。

ホテル日航金沢で宿泊せずに朝食だけバイキング(ビュッフェ)をガーデンハウスで食べる場合には、3,000円のため、部屋代金は12,000円/1人になります。
今時、1人1万円を超えるホテルに宿泊する場合には、割と綺麗でおしゃれなホテルに泊まることができることを考えると、ちょっと割高に感じますね。

ディナー

ホテル日航金沢石川県民限定宿泊割引×五感にごちそう金沢宿泊キャンペーンで提供されているディナーは、ラ・プラージュ or 銀杏 or 弁慶 or 桃李のいずれかを選ぶことができ、どのプランにおいても1人1万5千円相当の夕食が提供されます。

和洋中華そして鉄板焼きのお店から選ぶことができるのでどのお店を選ぶか悩んでしまいますね。

今回は、ラ・プラージュだけクリスマス期間の限定メニューが提供されるということで、ラ・プラージュを選びました。

1ヶ月ほど前に予約しましたがすでに予約がほぼ一杯な状態でしたが、少し時間をずらした回は空いており、予約を取ることができました。
店内には、16テーブル準備されており、全席満席のように見受けられました。

メニュー

今回の問題はここからでした….
アミューズが提供されたのは着席後、30分経過した後で、その後1品目の前菜が提供されたのは、着席後の約50分後で、途中お腹がペコペコすぎて寝てしまいそうになりました。

当然1品目が出てくるまでに、最初に頼んだドリンクはなくなり追加注文です。ぱっと見渡した感じホールには3人ほどのスタッフしかおらず、この人数で16テーブルのサービスを全て行なっているようでした。明らかなキャパオーバーです。

予約した時間に料理を提供できないのであれば、予約人数を減らすか予約時間を変更してほしいものですね。

アミューズ

前菜

のどぐろ

フォアグラ

魚料理

肉料理

デザート

紅茶と小菓子

提供されたお料理の質は高く、どれも美味しくいただくことができました。
特にキャビア・フォアグラ・トリュフの三大珍味を全て1つのコースでいただくことができるのは絶品ですね。

朝食

ホテル日航金沢で通常時は、2階ガーデンハウスで朝食が提供されていますが、クリスマス期間に宿泊したため朝食会場も大変混雑していました。

ガーデンハウスでの朝食提供時間は、7時〜10時までの間で、9時30分がラストオーダーとなっています。私は9時頃にガーデンハウスに向かいましたが、その時点で10組待ちという長蛇の列ができていました。
係員より今から待ったとしてもラストオーダー時間を超えるため、案内ができない可能性があると説明があり、残念ではありますがガーデンハウスでの朝食を諦めて、日本料理 弁慶での定食へ変更しました。

他のホテルだと朝食を食べれない場合は、昼食へ無料振替が行われていることも多いですが、ホテル日航金沢では一切行われておらず、案内ができない形になるので8時までの混雑していない時間に朝食会場へ向かうことをおすすめします。

まとめ

今回は、ホテル日航金沢の宿泊とラ・プラージュの夕食をご紹介しました。

トータルの評価としてはもうホテル日航金沢に宿泊することは無いかなと思いました。朝食会場の混雑については宿泊者数が多くなればしょうがないといえるかもしれませんが、ラ・プラージュに関しては、完全予約制で受付していて時間指定もしながら1品目の料理提供まで1時間近くかかるのは非常に残念でした。
その後の提供スピードもタイミングが全て遅く、周りの全てのテーブルにいた方も困惑している人が多かったように感じました。最終的には、後半は提供スピードが速くなり2時間30分ほどですべての料理が提供されましたが、遅すぎます。

ラ・プラージュのクリスマスディナー単体で予約した場合、1人2万円で受付してるようでこのサービスの内容に2万円は非常にもったいなく感じました。お料理の質が高いのに残念です。

今回は、県民割×五感にごちそうキャンペーンを組み合わせて、格安にて宿泊したため文句はありませんが、正規料金を支払ってまで再訪は無いと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました