【2021.7】宿泊前にチェック!金沢湯涌百楽荘の宿泊ブログレビュー

石川県
この記事は約5分で読めます。

金澤湯涌温泉 百楽荘

今回は、前回の能登九十九湾百楽荘に引き続き金沢にもある百楽荘「金澤湯涌百楽荘」にも宿泊しましたので、ご紹介します。

前回の能登九十九湾百楽荘の紹介記事は、以下よりご覧ください。

今回金沢の百楽荘に宿泊した経緯は、上の記事でもあるとおり先月、能登九十九湾百楽荘に宿泊した際にサービスの質の高さ、料理の美味しさに惹かれて帰宅後すぐに姉妹館である金沢の百楽荘にも泊まってみたいと思い、予約しました。

利用した際は、県民宿泊割引×五感にごちそう金沢キャンペーンが併用できる期間であったため、館内は平日であるにも関わらず、ほぼ満室であったように感じました。
現在は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い利用停止中ですが、県民宿泊割引×五感にごちそう金沢キャンペーンについては下記記事をご覧ください。

外観

金沢にある金澤湯涌百楽荘は本館の「彩心(IROHA)」と別邸「神楽(GARAKU)」の2棟が合わせて金澤湯涌百楽荘となっています。
元々は別々の旅館でしたが、廃業後百楽荘が営業を引き継ぎ運営している旅館になります。

どちらの棟も改装をしており大変きれいで、本館・別邸によりコンセプトが大分異なる印象を感じます。本館は大人かわいい雰囲気で、別邸はどちらかというと厳かで落ち着いた雰囲気になっています。

また、別邸に宿泊する場合は本館の施設も利用できるため、両方の雰囲気を感じることができます。ただ、別邸と本館は元々は別の旅館であったということもあり、構造的に繋がっていないので移動の際は、100m程度歩いて移動する必要があります。
雨が降っていたりすると行くのを悩んでしまう微妙な距離感であったりもしますね。

本館

別邸

部屋

今回宿泊した部屋は、別邸 神楽(GARAKU)の有楽(YURAKU)になります。別邸にはその他多々楽スイートという上位の部屋がありますが、こちらは価格帯もグッとあがります。
ただ、部屋内には貸切半露天風呂がついているため、利用したい方はこちらを選択することをおすすめします。
別邸 神楽内の温泉は全部で4つあり、全てが貸切風呂になっています。わざわざ部屋の貸切風呂を使わなくてもいつでもあいていれば貸切風呂を利用することができるので、個人的には有楽の部屋がコスパ的には良いかと思います。

有楽の部屋は主室とリビングに分かれており、両方にテレビが設置されています。
このリビングの部屋の正しい使い方がいまいち分かりませんでしたが、私は寝る前にゆっくりとリビングの部屋で、テレビを見ることができました。

部屋内には可愛らしい九谷焼のカップが飾られており、これを使ってコーヒーを頂くことができます。
コーヒーは百楽荘ブランドの豆が部屋内に置いてあり、自分で豆を挽いて挽きたてのコーヒーを飲むことができるのは良いですね。
また、冷蔵庫内にはアルコール・ソフトドリンク・お茶が入っており、追加料金不要ですべて飲むことができます。

本館施設

別邸にはプレミアムラウンジのみしかありませんが、本館には百楽荘での滞在をもっと楽しめる複数に施設が設けられています。
本館施設は本館宿泊者はもちろんのこと別邸宿泊者もすべて利用することができます。

アフタヌーンティー

ゲームラウンジ

パウダールーム

プレミアムラウンジ

プレミアムラウンジでは、別邸での宿泊滞在中に計3回楽しむことができます。

カクテルアワー(15:00~18:00)

チェックインから18時までは、カクテルタイムとして唯一ビールが提供される時間帯です。その他に、セルフサービスにはなりますが、カクテル類の提供も行われています。

さらに、おつまみとして3種類の軽食も提供されていました。その他にも、ナッツ・チョコレートなどの夕食までの間を優雅に過ごすことができる食事に加えて、ソフトドリンク類もすべて飲み・食べ放題になっています。

ビールはこの時間帯を逃すと飲むことができませんので、ビールが好きな方はこの時間帯には絶対足を運びたいですね。ただ、夕食前のため食事はほどほどにしておくべきですね。

カクテルアワー(21:00~23:00)

夕食後は、カクテルアワーとしてカクテルタイムと比較すると、ワインの提供・アイスキャンディーの提供が行われます。
軽食についても、カクテルタイムとは異なる食事が提供されるため、カクテルタイム・カクテルアワーの両方に足を運んでも楽しめそうですね。

ただ、プレミアムラウンジの席数はあまり多くないため、最大でも4組程度の利用ができるスペースしか用意されていません。
宿泊する曜日にもよりますが、利用する際には譲り合いでの利用が大事そうです。

夕食&朝食

夕食

朝食

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、前回の能登九十九湾百楽荘に引き続き、金沢にもある百楽荘「金澤湯涌百楽荘」をご紹介しました。
能登九十九湾百楽荘同様に、滞在中は飽きの無いように常に楽しめる旅館です。金沢市内から車で1時間かからずに体験できる非日常を楽しんでみてはいかがでしょうか。

金澤湯涌温泉 百楽荘の予約はこちらから

Yahooトラベル

金沢湯涌温泉 百楽荘【Yahooトラベル】

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

金沢湯涌温泉 百楽荘 贅と美と2つの館を愉しむ宿

楽天トラベル

金沢湯涌温泉 百楽荘【楽天トラベル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました